体験型Web炎上対応トレーニング
炎上防災訓練

仮想空間上で炎上を擬似的に発生させ、実際に対応を行う様子を評価。炎上対策における弱点の克服や体制強化、企業のポリシー策定にお役立ていただけます。

このサービスでできること

実際にネット炎上を経験したことがない企業でも、
訓練によって炎上を疑似体験することで、全体像を理解することができる炎上対策プログラムです。
対応状況を分析して改善点を発見することで、企業にとって効果的な炎上防止対策になります。

事例の内容を学び、具体的な解決方法を身に付けることで、
社内のSNS運用体制構築や改善にも役立ちます。

炎上プロセスを疑似体験
自社体制の有効性チェック
改善ポイントの洗い出し
改善活動の実施

企業向け炎上防災訓練とは

「炎上防災訓練」は火種の感知から各種SNSでの拡散、
ネットニュースでの記事化、一般ニュースでの広がりなど、
あらゆる可能性を考慮し、ネット炎上時のプロセスをまとめて疑似体験する炎上対策プログラムです。

シナリオの開始

問題投稿の発見
e-miningでの発見

e-miningでの発見

イベントの発生

仕掛け人からの連絡
仮想炎上ユニット<

仮想炎上ユニット

シナリオの展開

展開のビジュアル化
状況変化ビジュアル

状況変化ビジュアル

企業向け炎上防災訓練の特長

各ステップの対応ログを記録

仕掛ける側の「仮想炎上ユニット」が「企業担当ユニット」にコンタクトし、対応によりシナリオが展開します。
進展は「状況変化ビジュアル」としてスライド表示し、各ステップの対応ログを記録します。

各ステップの対応ログを記録

企業側対応をチェック

弊社側は炎上をしかける「仮想炎上ユニット」、企業側は問い合わせに答える「企業担当ユニット」を設定。
リレーションは電話、メール、対面に加え、ワークススペースでのチャット、コメントで行います。
ワークスペース内で仮のSNS投稿を行い、企業側がどのように対応するかをチェックします。

企業側対応をチェック

単一な訓練では体験できない、シナリオ結果

仮想炎上ユニットが企業担当ユニットにコンタクトした状況をチェックし、
対応結果ごとにシナリオを分岐させていきます。
これにより単一な訓練では体験できない、シナリオ結果が進展します。

単一な訓練では体験できない、シナリオ結果

防災訓練実施の流れ

実施1ヶ月前
訓練前
①防災訓練プロジェクトチームの発足
②防災訓練の対象グループの設定
③防災訓練の計画立案
④防災訓練説明会の実施
実施予定日
訓練前
⑤事前に定めたインシデントの発生
⑥シナリオ展開
⑦シナリオ結果の表示
⑧対応結果のモニタリング
実施1ヶ月後
訓練後
⑨防災訓練結果のレビュー
⑩防災訓練レポートの作成
⑪解説セミナーの実施
⑫改善策のディスカッション

よくある質問

A
基本的にはお客様のオフィスで実施します。
ご希望により、開催場所はフレキシブルに対応致します。
A
受講人数や規模によって異なりますので、一度お問い合わせください。
無料で体験できる「1時間だけ防災訓練」もご用意しています。
A
炎上が会社に与える影響の怖さを体験できるだけでなく、炎上発生時の対応を専門家が評価することで、企業の炎上対応レベルの引き上げに役立てることができます。

その他のサービス

1時間だけ炎上防災訓練プログラム

無料炎上疑似体験

1時間だけ
炎上防災訓練プログラム

働くひとのための炎上防災訓練

e-learning

働くひとのための
炎上防災訓練

1時間だけ炎上防災訓練プログラム

トレーニング

炎上防災訓練

e-mining

ツール監視

e-mining

リスクモニタリング
24/365

有人監視

リスクモニタリング
24/365

ソーシャルリスク
対応プログラム

運用体制

ソーシャルリスク
対応プログラム

ソーシャルメディアリスクアラート

炎上の早期発見

ソーシャルメディアリスクアラート

中国国内のソーシャルリスク監視サービス

チャイナリスク

中国国内のソーシャルリスク監視サービス